コンセプト course

ヨネックスカントリークラブは、佐渡を臨む歴史豊かな街、寺泊の大自然を出来る限り利用してレイアウトされた戦略性の高いタフなコースです。
アウトは、やや距離が長く美しい林間コースとなります。
インは、戦略性の高いコースで特に13番以降は池、バンカーなどトラップがあり、安易な攻略を阻んでいます。

すべてのゴルファーが、ゴルフを心から楽しめる戦略性の追求こそ『ヨネックスカントリークラブ』 の命とも言えます。

概要

面積 1,237,141平方メートル
規模 18ホール、6,895ヤード、パー72
施設 クラブハウス ・ ドライビングレンジ (250ヤード、12打席)・ 練習グリーン ・茶店 ・ 駐車場
開場日 平成8年7月29日
設計 川田太三  (監修 : 倉本昌弘)

ホール解説はこちら

ヨネックスカーボンブレード搭載 垂直型風力発電機

ヨネックスは長年培ってきたカーボン加工技術により、クリーンで地球環境に優しい風力発電用のカーボンブレードを開発しました。

長岡技術科大学との共同研究により最適な形状を開発し、さらにカーボン製軽量ブレードにより低風速で効率良く発電します。

ヨネックスカントリークラブの電動カートの一部も風力発電を利用しています。

2014年5月20日 ヨネックス株式会社